GETDOG

思い出を守る韓流ドッグフード

SHOP NOW MAKUAKE のページを見る

こんにちは。ベターペットです。

betterpet

ベターペット:プロセルカンパニーは、ペットのしあわせを研究する企業です。

アルツハイマー型認知症研究を中心に多様な産学研連携を通じて認知症疾患に対する真正性確保および持続的な治療方法を模索しており、
身体に害を及ぼさない天然素材を利用して多様な製品を開発するR&Dベンチャー企業です。

プロダクト

ベターペットのベストセラー「GETDOGゲッドッグ」

ゲットグ

ペット高齢化時代

うちのこは、大丈夫かな?

ペットたちの平均寿命も伸びることにより
ペットの高齢化と病症も増えています。
その中の一つが、ペットの認知機能不全症候群です。

犬

8歳以上のペット犬14%〜35%が
犬の認知症になると言われています。

身体活動のレベル減少
方向感覚の喪失
相互作用の変化
不規則的な睡眠
不適切なところでの排泄や尿失禁

犬の認知症分布図
ゲッドッグ湿式飼料
有害成分5無
乾式のメリット
パウチ

桔梗根から抽出した生理活性成分が脳細胞の活動を促進させ認知機能向上を期待できます。
ペットの穀物アレルギーを最小化するためトウモロコシ、小麦、米などを使わない無穀物湿式飼料(Grain Free)
歯石形成の原因となる澱粉が一切添加されていないので口腔衛生的です。
レトルト滅菌工法で長期保管が可能で、化学添加物、防腐剤、抗生剤、色素、香料を一切添加していません。

今までのゲッドッグ湿式飼料(ビーフ味、チキン味、サーモン味)の原材料の中の牛の肝を除外したリニューアル製品です。

牛の肝臓は銅の含量が比較的高いので、銅の代謝に問題があるペット動物は遺伝的に銅を排泄する能力が高くありません。ですから過剰摂取に注意しなければならず、リンとプリン体の含量が高く腎臓病がある犬や結石がある犬には与えない方が良いのです。

またビタミンA過多によるビタミンA過多症をもたらすことがあり、骨の奇形、体重減少、筋肉の減少、消化問題などを誘発することがあります。

牛の肝臓を除くことで、ペットのアレルギー反応を抑制し、吐き気、食欲不振、嘔吐及び下痢などの症状に備えることができます。(例:銅の毒性に脆弱な品種 - ラブラドール・レトリバー、ドーベルマン、ホワイトテリア、ダルメシアンなど)

自社工場である(株)ベターペットに生産を変更したリニューアル製品です。

既存の生産工場から自社工場での生産に変更しました。これからは自社工場で直接製造および研究、管理をするので、さらに信頼性を高めることができます。

これからは生産過程全般にわたって、品質保証が体系的に構築された状態での品質管理および生産進捗状況を容易に確認ができるようになりました。

また製造管理人員による製品の誤謬及び改善点を探し出しやすくなり、多様な製品リニューアルが可能になりました。

飼料に豊かな原料を添加し栄養のバランスのためにアマニン除外

アマニンは、ペット犬の下痢の副作用や炭水化物アレルギー発生の可能性がある原料です。また血液凝固を減少させ、手術受ける前の二週間は摂取を控える食品として特別な管理が必要なペットのために今回の新製品からは除外しました。

こんにちは。ペットの健康な脳を作るペット企業(株)プロセルカンパニーの代表、キム・ジャジンです。

(株)プロセルカンパニーはバイオ機能性素材開発のために設立されたバイオ専門企業としてあるつハイパー治療素材開発に力を注いできました。
ゲッドッグは、ペット犬認知機能不全症候群改善のためペット犬専用湿式飼料でかわいいペット犬の健康のため安全で健康な食品を与えたいという気持ちから作りました。
ゲッドッグを通じてペット犬のしあわせのために(株)プロセルカンパニーは共に努力してまいります。